7月 302011
 

久しぶりに友人のブログを覗いてみる。
その名もAKITOのRock’n’RollRecord
頻繁に更新されはしないけど、俺はいつも楽しみにしてるんだ。

今回のタイトルは、トラフィクのミスターファンタジー。
このバンドに、特別な思い入れが有る訳じゃ無いけど、feelin’alrigthは好きな曲だ、
アキトはこの曲を、ジョーコッカー、トラフィック、グランドファンクの順番で聞いたようだけど、
俺は、ジョーコッカー、グランドファンク、トラフィク、だった、
おかしな流れだけど、まあ後聞きだからしょうがないか。
とにかく二人とも、全てがロック中心に回ってた少年時代って訳だ。
幸か不幸か、今もそこは何も変わって無いが。

アキトとは違うバンドだったけど、同じツアーでギター片手に日本国中、旅した思い出がある。
毎日がパーティーで、タフじゃなきゃ乗り切れない日常生活だ。
でも、辛いと思った事は一度も無かったから、余程向いていたのか単なるバカだったのか、
たぶん二つ共、該当していたんだろう。

今では、年に1~2回程しか会う事も無いが、同世代でロックの趣味も似てるせいか、
なぜか、以前より話が合う。
今度、会えるのは何時だろうか。

よし、次回の打ち上げの酒の肴はジェフ・ベックグループねたでいこう、
それも第1期限定で。
それで、いいだろ?
http://www.thestrummers.com/akito/index_f.html

 Posted by at 12:00 AM
7月 272011
 

またまた、マッドドッグに新機材到着!
こんどの新人はボーカルのお友達、パワードPAミキサーだ。

さっそく開封、取り出してみてびっくり、めちゃくちゃ軽い!
「これ中身入ってんの?」と疑いたくなる程軽い!
「これは良い!」おかげでサクサク設置出来て大喜び。
といっても、毎日持ってお出かけする訳でも無く、
設置して終えばそれまでで、さっきの感激は何処へやら、
逆にこれだけ軽いと、なんだか損した様な気がしてくるのは、
私が貧乏症だからなのだろうか?

機能や音に付いては、次回に。

 Posted by at 12:43 AM
7月 232011
 

こんにぢは、あずはなずいでずね~
別に、やませまみの物真似をしている訳では無く
濁点で暑さを表現してみたんですが、いかがな物でしょうか?

さて、今日は前回に引き続き、せみネタで行ってみたいと思います。

なぜ?せみは鳴くのか、
まあ有りがちな話で、雄が雌を求愛する時に鳴くそうなんですが、
あんなにミンミン、ジージー、蝉の雌はかなり耳が遠いじゃないんでしょうか、
雄の方だって自分の鳴き声が、うるさく無いって事は、雌以上に耳が遠いって事に成る訳で、
どちらにしろ、蝉ってのは、
爆音で鼓膜をやられた、ロックミュージシャン並に耳が遠いと云う事です。
私も以前、ヘッドホーンの多用で耳を傷め、耳鳴りや目眩がひどい時期が有りましたが、
あまり大きな音で聴かない様、心がけることで直す事ができました。

蝉のみなさん、たった一週間のあいだですが耳を大切にしましょう。

 Posted by at 8:20 PM
7月 172011
 

こんにちは、あつはなついですねー。
今年は梅雨明けが早かったせいか、まだせみ達が鳴きだしませんね。

よく「せみは地中で7年暮らし、地上に出て7日で死んでしまう。」
などと言い、「地上で1週しか生きられないなんて可愛そう。」
などとのたまう輩もいますが。
「大きなお世話なんじゃ~、俺たちが何処でどう暮らそうが、あんたら人間に、とやかく言われる筋合いは無い。だいたい、どうして何時も上から目線なんだ。」と、

蝉の声が聞こえてくる様な気がする、夏のひと時です。
 

 Posted by at 7:49 PM
7月 172011
 

こんちは、社交辞令的に言っておきます。今日も暑いですね・・

さて、毎回くだらない話ばかりしているので、たまには真面目に店の宣伝をしたいと思います。

マッドドッグのベースアンプは、3部屋ともギャリエン・クルーガー400RBなんですが、
一台、調子が良くなかったので思い切って新調しました。
その素敵な新人はEBS HD350という名前の黒いベースアンプ・ヘッドで、ルックスの方は結構イケてます、
肝心の音の方はどうかと早速鳴らしてみたところ、もっちりした、なかなかいい音ではありませんか。
さすが、スエーデンから遥々やって来た北欧系美少女という感じで、その透き通る様な白い柔肌に・・

はっ、いかん!また話があらぬ方向に脱線する所だった。
そういえば、昔テレビ番組で「底ぬけ脱線ゲーム」というのが有って
毒蝮三太夫なんかが出ていた様な憶えが、有るような無いような・・
なんか、気持ち悪いんで後で調べてみる事にしよう。

しかし、脱線と言えば以前、グランド・ファンク・レイルロードのコピーバンドで、
グランド・ファンク・レイルアウトというのが有って
その余りの脱線MCぶりに、ステージの上に雷が落ちたと云う伝説が、
これまた、有るような無いような・・

この様に、暑さで脳をやられたおやじの話は、迷宮に迷い混んで行くのであった。

 Posted by at 12:01 AM