8月 212011
 

夜な夜な、マッドドッグの看板めがけ集まって来る奴らがいる。
黄金虫やカナブン達だ。
捕まえては逃がしてやるが、結局、灯りの好きな連中で、
また、すぐに戻ってきてしまう。
最近は諦めてほかっておくのだが、
翌日、看板のまわりで死んでいるのを見つけたりすると、
変な罪悪感に苛まれ、
「もっと遠いところに逃がしてやればよかったな」などと思ってしまうので、
いっそ「スタジオ内に飼育スペースでも作るか」と
黄金虫対策に頭の痛いマッドドッグの、今日この頃なのであった。

そういえば子供のころ、エドガー・アラン・ポーという小説家が好きで、
よく読みふけっていたっけ。
その、ポーの小説に黄金虫という作品があった事を、ふと思い出したけど、
内容をまったく覚えていないのは、アホな子供だったせいだろうか?

 Posted by at 1:54 AM
8月 192011
 

みなさんこんにちは
物事には優先順位という物が有りますよね、
まあ、後先と言うやつで、順番ともいいますけど。

たとえば、ギターをアンプで鳴らすとき、
1.ギターを弾く 2.アンプのスイッチを入れる 3.アンプにプラグをさす
4.ギターにプラグをさす 5.ギターをケースにしまう
では、明らかにおかしい訳で、
特にこの場合、
・アンプにプラグをさす アンプのスイッチを入れる ギターにプラグをさす
・アンプのスイッチを入れる アンプにプラグをさす ギターにプラグをさす
この2つの順番だけは、ご法度で、
スピーカーをとばしたりするので、要注意です。
しかし、こいつをうっかりやってしまって、スピーカーをとばした奴を、
一度も見た事が無いので、儀式的な問題なのかと最近、思ってます。

あっ、そう云えば1~5の順番は、それぞれ自分で考えて下さい。
くれぐれも、あとさきの無い演奏はしない様に。

 Posted by at 9:20 PM
8月 192011
 

めちゃくちゃ暑い!なんなんだ、この湿度の高さは!
ここは、水中か?
と言う訳で今日は、湿気の話です。

高温多湿な日本では、機材などをクーラーの効いた部屋からいきなり外に出すと、
温度差で、みるみる内に細かい水滴だらけに成り、
あっという間に、
ドラムのハードウェアは錆まみれ
アンプのポットはガリだらけ
気がつきゃバンドは解散だ
みたいな事になりかねない。
何にしろ、トラブルの原因になるでの要注意です。

そして、今日の教訓

真夏のよ
リハで暑くなりすぎても
機材に汗はかかせるな
うまい!
アイスノン3枚!!

 Posted by at 3:26 AM
8月 102011
 

今日こそ、新機材の紹介をしなくては、
と云う事で、以前、ヤマハのパワードミキサーの話をしましたが、
それと、一緒に来る筈だったスピーカーが時間差で到着しました。

EV ELX112
このスピーカーの導入理由は
・コンパクトな事
・許容入力が大きな事
・廉価な事
以上3つを満たしていたからですが、いざ音を出してみると結構クセが強く、
4KHzと250Hzあたりにピークが有り、
グライコの補正でなんとか成る範囲ですが、ちょっと扱いづらい感じは否めません。
まあ、アンプや部屋との相性も有るので、一概には言えませんが。

今回はAスタの導入と成りましたが、
既にCスタで使っている、EV エルミネーターに比べると
かなり聞き劣りするのは、値段の差だと言ってしまえば、それまでですが、
もうちょっと、何とか成らなかったのかと思います。
資金力のあまり無いマッドドッグには悔しいトコですが、
足りない所は何か違うものでおぎなえばいい、
ここには、情熱とこだわりが有る!

鳴らぬなら、鳴らしてみせようホトトギス。

 Posted by at 1:41 AM
8月 052011
 

みなさん、こんにちは。
今日は、マッドドッグに新機材が届いたので、その話をしたいと思います。

しかし、めちゃくちゃ暑いですね、
暑いと言えば、わたくし常々、人は死ぬ迄にこの「あついですね」とか「あっちーいな~」などと、
何回位言うのか知りたいんですが、
そう思った時すでに、過去の累計が分からなく成ってしまっている訳で、
「所詮、無理な話か」と、諦めていたのですが、
いい方法を、思いついたので報告します。

まず、言葉を覚える前の子供に24時間体制で付き添い、
「暑い」という言葉をカウントしていきます。
そして、もの心が付いたその子に今までの回数を教え、
「これから暑いと口に出したら、ちゃんと回数を数えていくんだよ」と教え込みます。
ここからが肝心な所で、
長い月日が経ち、その子供が年を取って臨終の間際に、
「5万3千8百2十1回じゃった・・」 ガクッ
「え?おじいちゃん、今なんて言ったの?」
 ご臨終です
「おじいちゃん!おじいちゃん!!」
・・・・

残念ですが、やはり無理かもしれないです。
と云う訳で、機材の話はまた今度にします。
ごきげんよう。

 Posted by at 4:50 AM